中津川研修センター
入国後介護講習Post-entry course

中津川研修センター
入国後介護講習Post-entry course

外国人のための入国後講習。実際の現場講習で即戦力を養えます!

入国後介護講習がしっかりした人材を育てます

アジア諸国から入国する講習生達は「介護がなにか、どんな仕事か」ということでさえ知識が乏しいのが現実です。 「介護に必要な心構えや考え方はなにか」というところから考え、介護の仕事に関心とやりがいの持てる人材を育てます。

海外介護教育チームによる実技演習で「介護の技術」を学び、配属後に活躍できる実習生を育てるための「事前教育」を約1カ月間行います。

中津川研修センターの特色

中津川研修センターでの講習について

日本語教育

専門の教師による高水準の日本語教育、万全の検定試験対策、日本語の基礎や仕事をする上で必要な専門用語を学びます。

介護の専門用語

日常生活用語としては使用されない介護独特の専門用語はもちろんのこと、受入先企業様が現場で使用される道具、機械名等も習得していただきます。

特別体験学習

研修期間内に現場の状況、必要なコミュニケーションや働き方を学び、各施設配置後即戦力を目指しています。

日本文化と生活習慣の理解、マナー対策

日本に滞在する間の生活に必要な一般常識を学んで頂きます。 共同生活においての一般的ルール、マナーの教育を行います。

労務講習

当センターでは、顧問契約締結の労務士が複数人おりますので、 講習時には研修センターまで来ていただき、日本の労働基準法や出入国管理及び難民認定法について、中津川研修センターにて講習を行います。

警察・消防訓練

地域警察署の担当官によって、日本の交通ルールに対する講習や盗難や痴漢といった犯罪に対する知識を学んでいきます。 また、地域消防署の担当官によって、火災時の避難方法や火災が発生した際の消火器の正しい使用方法などの講習を行います。

報連相教育:リーダー登用制度(実技演習)

掃除、ごみ分別、整理、布団リーダーを決め、毎日任務を遂行してもらい、毎日スタッフに日本語で報告・連絡・相談をします。

講習・生活・介護現場の一体化

介護現場、教室、宿泊場所が一体化してますので、介護現場を近くで見ながらの生活・講習で、介護に必要な指導をスムーズに行うことができます。 特に整理整頓、ごみの捨て方、夜間の過ごし方の指導を徹底します。

中津川研修センターの外観・内観

お問い合わせ先

会社名 CareBank株式会社
所在地 岐阜県中津川市茄子川1683番地の246
TEL/FAX (0573)-68-8294 / (0573)-68-8060